このサイトを運営しているのは、どんな人?

はじめましてのご挨拶

前々回、前回で

「なぜサイトを立ち上げたのか」

「どんなサイトにしたいのか」をお伝えしました。

今回は、はじめましてのご挨拶の最終章

「このサイトを運営しているのは、どんな人?」をお送りします。

Kikiってどんな人?

★30代後半、2歳児の女の子を育てているママです。

もう最近は年齢を言ったり、聞かれたりする機会もすっかりなくなった30代後半のママです(笑)。

 

家族の中でも、親戚をみわたしても、断トツの末っ子だったこともあり、可愛がられて育った反動か、幼い頃から「小さな子を世話したい」と思っていました。妹ができる可能性がないことがわかると、小学生にして「将来、絶対母になる!」と言っていたと思う(自分だってまだ子供なのにね…笑)。

 

そんな母親願望のあった私ですが、結婚したのは30歳のとき。結婚後も仕事を優先したり、なかなか子宝に恵まれなかったりで…娘がやってきてくれるまでに長い時間を要しました。

 

念願叶っての妊娠だったわけだけれども、子どもが無事に産まれてからは、子育てに七転八倒。理想と現実の違いに圧倒され、いろいろ考えることもありました(この時の経験は、大変だったけれど、とても貴重なものだったと思う)。

 

就職も、結婚も、出産も。人生の節目でわりとすぐ壁にぶつかって、立ち止まって、壁を乗り越えようと考えもがいて、行動して、その結果ひらきなおることができると、目の前に急に道が開けるというタイプです(どんなタイプだ!)。

人から見たら、「順調に楽しそうに歩んでいるよねー」と思われることが多いのですが、実は、一つひとつ壁にぶつかってからじゃないと進めない、コストパフォーマンスのわるい人です(笑)。

★フリーランスとして働いています。

あまりの長時間労働と、いちプレイヤーに戻りたいという想いから、2014年に勤めていた会社を辞め、フリーランスになりました。今思えば、「いつまでもこの働き方をしていたら、子どもはできない」という思いもあったかもしれません。

フリーランスで1年仕事をして、順調に忙しくなってきたところで、妊娠が発覚。会社員時代だったらその恩恵を受けられた「産休」や「産後の補助金」が何もないことに泣きながら、産休・育休を経て、2017年から仕事復帰しています。

奇跡的に認証保育園に入れて、仕事と育児のベストな両立法を模索中です。女性の働き方として、フリーランスの記事も需要があるかなぁ!?

娘、Lara(ララ)をよろしくおねがいします。

2歳の娘。このサイトでは「Lara(ララ)」と名乗ることにします。

慎重派・観察派な娘で、人見知り、場所見知りも人一倍。

でも理解力があって、自分の思いがハッキリある、芯の強い女の子です。

歌が好き、パズルが好き、食べることが好き。

2歳になり、ますますおしゃべりが上手になり、空想遊びも好きなので、見ていて楽しいです。

娘のことは、これからじっくり書いていきます。