プレママ期の記録は、“未来の自分”に贈る、エール。

育児コラム

フレッシュな想いは、今この瞬間に書くことでしか、残せない。

あとからいくら思い出して書こうとしても、
その時の本当にリアルな感情や言葉はでてこない。

 

特に子どもの成長なんて、本当にあっという間で。
ころころ悩みが変わるし、たった2週間でも成長するし。

こどもが2歳半になるまで、なんで書かなかったんだ!
私は、何をしていたんだ!
自分に喝をいれたい。

 

これからは書く!(宣言)
くだらないことでも書く!(しれっと敷居を下げておく)

 

こんなことを思ったのも、
子どもが生まれる前に(妊娠中に)、
書いていたブログを見返したから、なんですね。

あー、この時に、これを書いておいてよかった。
この気持ちを残しておいてよかった。
いまの私には、これを書くことはもうできない。

 

ちょっと引用してみます。

※ちなみに私が妊娠したのは、結婚から5年目でした。

妊娠発覚直後のブログ
『ありがとうと言って、泣いた日を忘れない。』

<以下、過去ブログ引用>

————-

実は、妊娠しました。
いま14週(4ヶ月)です。

まだまだ油断は出来ないけど、無事12週を越えられたので、ようやく、ほっとしてます。

 

妊娠が分かったのは2月のはじめ。
1月末にのんきに温泉に行って帰ってきて、もちろん予定日より遅れてることは分かっていたけど、前に5日遅れで月のモノがやってきた時に泣いたから(笑)、気にしないようにしてた。

それに、それどころではない家族のアレコレもあって、考える暇もなく、今回もないかなーと。

 

でもいよいよ、予定日から1週間過ぎて、「よし!調べてみよう」と思い立つ。

ドキドキは全くしてなくて、なんか不思議と淡々としてたな。

 

5分待って、検査薬をえいやーと見たら、くっきり線がでてた!

最初に思ったことが、「こんなにハッキリ線でるんだ!」っていう検査薬に対するへんな感想(笑)。前に試した時は、全く線が出てくれなかったからね(笑)。

 

実感がわかなくて、しばらくひとりで、ボーッとしてた。

ひとしきりボーッとしてたら、急に堰を切ったみたいに涙がでてきて。

ひとりで、なんだか分からないけど、「ありがとう」って思ってた。

「ありがとう」と声に出して言ってみた。

 

さっそく次の日に病院行って、「妊娠してますね」となって、

ただ、まだ早かったから2週間後にまた病院行って、心拍確認。

そして、いろいろ経て、いま4ヶ月です。

 

心拍確認してから、お互いの両親と兄姉には報告。

 

ウチのお母さんに報告した時も、お姉ちゃんに報告した時も、ふたりとも泣いたの。

全くこれまで何も言われてこなかったけど、今年で結婚5年目だし、私が子供が好きなことは知ってたから、陰ながら心配してたんだと思う。

 

もし、これから先、育児で悩んだり、もう嫌になることがあったら思い出したい。

「ありがとう」と言って、泣いた日のこと。

これから無事、赤ちゃんが生まれてくれたら、伝えたい。

あなたの誕生を知って、泣いてくれた人がいたこと。待っていてくれた人が、いたこと。

<引用おわり>

————-

過去の日記を見て、泣きそうになった(笑)

私、娘がおなかにきてくれた時に、最初にかけた言葉が「ありがとう」だったんだね。

本当に、来てくれてうれしかった。
「ありがとう」って思った気持ち、今こそ、思い出さなきゃいけないな。

 

最近、娘は何かモノを渡すと、私に
「ありがとう」って言ってくれるようになった。

 

「ありがとう」って私が声をかけた豆粒だった娘が大きく育って、

今度は私に「ありがとう」って言ってくれている。

奇跡だ。奇跡以外のなにものでもない。

 

最後に自分で書いているけれど、
育児にどれだけ疲れても、時々娘にムキーってなっちゃっても、
時々この文章を読み返して、この気持ちを思い出そうと思うよ。

——

プレママさんにこそ、「いまの気持ち」を残しておいてほしい。

いつかきっと、あなたを助けてくれる。

プレママ期の記録は、“未来の自分”に贈る、エールです。